いとしいお方からのお文でしょうか。月明かりで必死に読む、姫様です。

姫様のいない「萩と月」だけのカットはこちらです。
萩と月と文読む姫様(百人一首入り)
500×370(42.83K)JPG
萩と月と文読む姫様
500×370(38.05K)JPG
【小倉百人一首】二十三番
月見れば 千々に物こそ 悲しけれ
     わが身一つの 秋にはあらねど

             大江千里
つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ
    わがみひとつの あきにはあらねど
            おほえのちさと
意味:秋の美しい月をみていると、いろいろなことがとめどなく悲しく感じられる。私一人に秋が来たわけではないのだけれど。
参考文献:わたらせ広場「古のみやびをインターネットで・小倉百人一首」より




素材は必ずダウンロードしてお使い下さい。再配布禁止。著作権は「季節の窓」管理人ヨッシ−にあります。
Copyright 2006 Yosshe all rights reserved 
「季節の窓」